株式会社 小林太一印刷所

石川県金沢市にある地域密着型の印刷会社です。印刷のことなら何でもおまかせ下さい!

コバぴーブログ

TOP

コバぴーブログ

実はドラえもんはヤリ手営業マンだった!

みんなが知ってるドラえもん。
実はドラえもんは、ヤリ手営業マンだった!

『スモールライト』はご存知でしょうか?
あのライト、「はい!」っと手渡されたら、みんな懐中電灯として使うはずです。

ドラえもんから「これは人に照らすと小さくなって…」と説明されない限り、人に照らすことはしないと思います。
だって人に照らすと、照らした相手が「眩しいし(>_<)」と迷惑がるでしょう?

ドラえもんは、ポケットから便利な道具を出す時、必ずのび太にその道具の使い方やどんな時に使うか、便利さを事細かに説明します。

『どこでもドア』もご存知だと思いますが、ピンクの扉を開けた先には、自分の行きたい場所に行ける便利な道具。
これも、ドラえもんから説明されない限り、そのピンクの扉があったとしても、開けてみる人は少ないのではないでしょうか?
よっぽど好奇心の強い人でない限り、開けないはずです。

でも、ドラえもんから説明を受けて、便利さがわかるとそれが欲しくなります。
はい、バカ売れです。

このように、ドラえもんは、説明能力が凄いんです。
だからヤリ手営業マンなんです。

なるほど~と思いましたか?

こんにちは。
制作部Kです。

今回は、印刷とはちょっと離れた話を書いていきます。

物を売る時、あるいは自分の名を売る時に必要な能力が、説明能力なのでは?
とある本に書かれていました。

あたりまえのことなのですが、案外見落としがちなのが、そこなのかな~と感じさせられた瞬間でした。

相手に商品を紹介する時に、果たして自分はその商品を熟知しているのか?
熟知もしないまま、相手にその商品を売ろうと思ってはいないだろうか?
ということです。

ちなみに、熟知もしないまま商品を売って…売れる訳がないのです。

質問に答えられない相手から、その商品を買おうとは思いませんよね?
買うとしたら…よほどその相手を信用しているか…あるいは好き?なのか?

商品を熟知するというのは、その商品に自分が興味がない限り、あるいはこれを売らなければ死ぬ~とかでない限り、なかなか出来ないことだと思います。

じゃあ、どうやって興味をもつの?

その商品に興味がわくまで待つ…。
そんなことをしていたら、いつまで経っても仕事になりません。
ある意味そこが、仕事の場合難関なのかなと。

上記の文章を読んで、『ドラえもんのポケットが欲しい』から『ドラえもんのようになりたい』に意識が変わった人も多いのではないでしょうか?

以上、制作部Kの最近気づいた思いでした。


金沢市の印刷会社
(株)小林太一印刷所 制作部K
 

コメント

モバイルサイト

株式会社 小林太一印刷所モバイルサイトQRコード

株式会社 小林太一印刷所モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • 代表ご挨拶
  • 選ばれる理由
  • 商品作りの流れ
  • 会社案内
  • 案内図
  • 制作実績
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • コバ-ぴー-ブログ
  • 求人情報
  • お得意様リンク
  • 個人情報保護方針
  • カレンダー2018年
  • カレンダー2018年5月
  • カレンダー2018年6月
  • カレンダー2018年7月
  • カレンダー2018年8月
  • カレンダー2018年9月
  • カレンダー2018年10月
  • カレンダー2018年11月
  • カレンダー2018年12月