株式会社 小林太一印刷所

石川県金沢市にある地域密着型の印刷会社です。印刷のことなら何でもおまかせ下さい!

コバぴーブログ

『コバぴーブログ』過去ログ

印刷代を安くする方法はあります

1月、2月の大雪がやっと過ぎ去り、タイヤの交換をされる方も増えてきているのではないでしょうか?

制作部Kです。

今回は、印刷代を安くするデータ入稿についての記事を書いていきます。

現在、当社ではWordやExcelデータ入稿が非常に多くなってきています。
時代の流れですね。文章の打ち込みくらいは、自分でできる方ばかりになってきました。
その際、データ入稿なので制作費を安くしてほしいとのご相談を受けることがあります。

しかし、WordやExcel、PowerPoint等で作られたOffice系のデータは、そのまま印刷することができません。(小ロットオンデマンド印刷は可能な場合もあります)

面付という作業をする際、現在はOffice系データをそのまま使うことができないのです。

ご家庭のプリンターは一枚一枚時間をかけてプリントされますが、印刷会社でそれをしていたら、いつまで経っても終わりません。

印刷会社での印刷機やプリンターは、ご家庭のプリンターとは違い速度はかなり早いです。
(印刷機の場合は0.5秒に1枚くらいで印刷される感じですかね?紙の厚さにもよりますが…)

印刷機にかける場合は版も必要となり、その版を作る際に、同時に効率も上げる面付作業工程を行う仕組みになっています。

わかりやすく言うと版画のような感じでしょうか?

WordやExcel、PowerPoint等のデータの場合は、一度データを開いてPDFデータに変換する作業をワン工程踏みます。
しかし、この作業が以外に難関で、もらったデータのバージョンの違いやパソコンの環境設定などの違いにより、行送りが本来のものと違っていたり、画像がどこかにとんでしまったり、書体が変わってしまっていたり、なくなったり…。

そうなってしまうと、こちらで出力紙を見ながら似たような書体に置き換えたり、どこかにいってしまった画像を探したり…。
見えないところで大変苦労をしております。

この作業は間違いの元となる場合もあるので、PDFデータでの入稿をオススメいたします。
PDF入稿の場合は、その作業がなくなるので、制作費を安くすることも可能です。

校正なしのPDF完全データ入稿になるとさらにお得になります。
無駄をなくし、安く正確にできる方法です。
詳しく知りたい方は、ぜひお問い合わせください。
お待ちしております。

~制作部Kが今気になる話題~
近い将来、ロボットが仕事をし、人がいらなくなるAI時代突入というニュースを見ました。
失業者が増える将来を見据えて、世界ではベーシックインカムという政策を試験導入している国もあるそうです。

ベーシックインカム(一人当たり6万~7万円のお金が毎月振り込まれる政策)

この政策…仕事があっても仕事をしなくなる人が増えるのでは?と思いますが…。
どう思いますかね?

それでは、今回はこの辺で…。
制作部Kでした。


金沢市の印刷会社
(株)小林太一印刷所 制作部K