株式会社 小林太一印刷所

石川県金沢市にある地域密着型の印刷会社です。印刷のことなら何でもおまかせ下さい!

コバぴーブログ

『コバぴーブログ』過去ログ

ARって何?それは、心をギュッとつかむ道具なんです!


こんにちは! しばらく雲隠れしていた制作部Kです。

日に日に寒くなってまいりました。
もう12月です。
一年って早いですね!あっという間です。(-.-)

今年は、雪が降るのが早いのではないかと天気予報では予想されていますが、タイヤの交換はお済でしょうか?

最近は11月にタイヤ交換をすれば安くなります!とか、テッシュ1箱プレゼントとか、何かと早めのタイヤ交換を促す宣伝が目立ちます。

各企業、その時期だけに仕事が集中しないような取り組みが行われているのだなとしみじみ感じる今日この頃です。


さて今回は、当社イチ押しのAR(COCOAR2)と言う商品のご紹介です。

ARって何?と思う人は大多数だと思いますが、一時期『ポケモンGO!』と言うゲームが流行りました。

イメージとしては、あのような感じと思っていただけたら、わかりやすいのではないでしょうか?

『ポケモンGO!』と聞いて、『印象が悪い!』と言われる方もいるかもしれませんが、ARは使い方次第ではとても便利なものです。

ARは色々なことが出来る万能商品ですが、とりあえず今回は動画についての便利機能をご紹介したいと思います。

動画は、声と映像が加わるので、静止画にはない情報がより伝わりやすくなります。

例えば…

『ネジを締めるのに、通常ならば30秒かかるところを、この器具を使うとなんと4秒!』

このように紙面に書かれていても「ほんとか?」と素直に信じることはできません。

そんな時こそ動画を使って4秒でネジを締める瞬間を見せることができます。

一瞬で心をつかみます。

まずは文章で語りかけ、動画でより説得力のあるものに信用させることが出来ます。

万能包丁のテレビショッピング実践販売を見かけたことがありませんか?

柔らかいトマトをサササッっと綺麗に切るところを見せるなり
「オオッ!」
と言う主婦の声。

次は切りにくい魚をさばいて
「スゴイッ!」
との声。

またまた、固いカボチャを次々切り分け
「ハ~ッ!」との声。

さらに極めつけは、とっても柔らかいパンをスススッっと切って、盛大な拍手!

そして、毎日切りにくい包丁を使っている主婦達は、次の瞬間電話注文をしています。

売り上げアップ間違いなし!です。

ただ、テレビで商品紹介を放送するにはとてもお金がかかります。

なるべくお金をかけずに、商品の良さを知ってもらう方法として、印刷物の広告やパンフレットなどを使用されることが多いです。

しかし、印刷物には限られたスペースしかなく、文字や写真では、なかなか伝わりにくいものもあります。

そこで、ARが登場します。
ARは情報不足だなと思う印刷物に動画をプラスすることが可能です。

まるで、テレビショッピングに近い販売が格安でできる訳です。

こんなオイシイ話はナカナカありません。

このAR商品、現在都会ではバカ売れしているようです。
そして、最近テレビで見たのですが、有名なトリックアート展にもARが使用されているようです。

売り上げアップに悩まされている方、一度試してみませんか?

お問い合わせをお待ちしております。(^^)/


金沢市の印刷会社
(株)小林太一印刷所 制作部K